現代思想を読む事典

a0025856_11123.jpgちょっと毛色は異なりますが、最近使用する機会が多いので、ご紹介しておきます。
ちょうど大学に入学した頃に出版されたものですが、当時は本書に解説されているような難しいタームがはやっていました。僕の場合、大学では主に芸術(美術、文学、音楽)批評の研究をするのに重宝しました(とにかくこの辺の用語が頻出していましたので)。この本には用語以外に人名事典もついていますので、重要人物を追っかけることで、現代思想の流れをおおざっぱに理解するのにも役立ちます。
改めて読み返してみると、何が書いてあるのかさっぱり判りませんが、当時は何となく判っていたような…フランス語、ドイツ語のタームが多いので、英語中心のMBAの用語に比べるとすごい新鮮な感じがします。
ブランドに興味がある人は持っておくと便利かもしれません。(ちなみに僕の受けている講義では、本書に取り上げられているような人物や用語が出てくることは、ないわけではありませんが、稀です)

アマゾン:現代思想を読む事典
[PR]
by otn99 | 2004-06-15 11:13 | 必読書
<< 象徴交換と死 6/14:早く言ってよ… >>