カテゴリ:必読書( 8 )

シンプルマーケティング

a0025856_151353.jpg結構前の本ですが、著者は学者ではなく現役マーケティングコンサルタント。
本書はシンプルマーケティング、と題されていますが、マーケティング半分、ブランド半分と言った構成になっています。学術的(または体系的)にまとめられた本ではなく、マネジメントや戦略について「論」ずるのを目的としたいわゆる専門書ではありません。
が、全体を通して、あるマーケターの経験を通した「視点」、というものがにじみ出ていますので、現役マーケターの人も、これからマーケターを目指す人も、あるひとつの方法論として大変参考になるのではないでしょうか。


アマゾン:シンプルマーケティング—市場の原点を見極める15の法則
[PR]
by otn99 | 2004-06-17 15:15 | 必読書

MBAなのに簿記?

a0025856_02053.jpgMBAなのに簿記? と思われている方も多いかと思います。

通常は、財務分析、管理会計などがビジネススクールでは普通なんでしょうが、うちのコースのすばらしいところは、経営に関わる基礎的な部分をあえておさらいする(たとえそれが要素であっても)、というところにあります。
マーケティングもブランドも戦略も時系列で一回おさらいすることの重要性を身にしみて感じています。特にポーターの戦略論などは、世にある解説書同様、微妙に読み違いをしていたので、内心、ほっとしています。学校で学ぶ、という機会でもない限りはこれらのテーマにじっくり取り組む姿勢など永久にこなかったのではと思う今日この頃です。

惜しむらくは、クリティカルシンキングのトレーニングを最初の一ヶ月でもいいのでやってほしかったな、と。そうすることで、BS全体の基本的な思考プロセスの共通認識ができたのではと思います。

これから、MBAを目指そうという人は、語学や基礎的な知識も必要ですが、まずはゼロベース思考というやつを訓練してみてはいかがでしょう。ゼロベース思考とはちょっと違いますが、論理的思考を実践するための参考図書
 アマゾン:考える技術・書く技術—問題解決力を伸ばすピラミッド原則を紹介しておきます。
[PR]
by otn99 | 2004-06-17 00:05 | 必読書

幻想としての経済

ついでにこちらも。栗本慎一郎氏の著書です。
最近、あまりお目にかかりませんが、これも良著です。

アマゾン:幻想としての経済
[PR]
by otn99 | 2004-06-15 11:30 | 必読書

象徴交換と死

ついでにこちらも紹介しておきます。
価値と消費について…ポストモダンマーケティング?

アマゾン:象徴交換と死
[PR]
by otn99 | 2004-06-15 11:25 | 必読書

現代思想を読む事典

a0025856_11123.jpgちょっと毛色は異なりますが、最近使用する機会が多いので、ご紹介しておきます。
ちょうど大学に入学した頃に出版されたものですが、当時は本書に解説されているような難しいタームがはやっていました。僕の場合、大学では主に芸術(美術、文学、音楽)批評の研究をするのに重宝しました(とにかくこの辺の用語が頻出していましたので)。この本には用語以外に人名事典もついていますので、重要人物を追っかけることで、現代思想の流れをおおざっぱに理解するのにも役立ちます。
改めて読み返してみると、何が書いてあるのかさっぱり判りませんが、当時は何となく判っていたような…フランス語、ドイツ語のタームが多いので、英語中心のMBAの用語に比べるとすごい新鮮な感じがします。
ブランドに興味がある人は持っておくと便利かもしれません。(ちなみに僕の受けている講義では、本書に取り上げられているような人物や用語が出てくることは、ないわけではありませんが、稀です)

アマゾン:現代思想を読む事典
[PR]
by otn99 | 2004-06-15 11:13 | 必読書

ブランド―価値の創造

a0025856_175759.jpg神戸大の石井淳蔵先生の著作。

個人的にはマニュアル系の解説本よりも、この手の研究書の方が楽しめます。
ずいぶんと前に読んで、内容については殆ど忘れてしまっているので、そのうち読み返してみようと思ってます。「ブランド」の本質的な存在(ブランド資産とか価値評価とかいうより、そのメカニズムとか、機能とか)に興味のある方はぜひとも読んでみてください。アプローチの仕方が独特です。(かなり迫ってます!!)

アマゾン:ブランド―価値の創造
[PR]
by otn99 | 2004-06-10 17:59 | 必読書

ブランドマーケティングの再創造:読まれた方は感想をコメント欄に!

a0025856_141135.jpgこれは、ブランドデザインの授業で紹介された書籍です。
アーカーやケラーとは使っている言葉が違います。著者はフランス人です。
80〜90年代に記号論に多少でも触れたことのある世代の人には結構刺激的な内容に感じるのではないでしょうか。

実務には使えないかもしれませんが、ブランドの考察を深めるには良いアイデアを提供してくれるのではないでしょうか。

アマゾン:ブランドマーケティングの再創造
[PR]
by otn99 | 2004-06-08 13:45 | 必読書

アンソニー会計学入門:読まれた方は感想をコメント欄に!

a0025856_141038.jpg授業で使ってます。

とても判りやすい本で、しかも、英語も併記されているので大変重宝すると思います。
巻末の単語リストは、一通り目を通しておけば、英語も覚えられて一石二鳥です。
特にこれからMBAを目指そうといひとは、読んでおいて損はしません。

アマゾン:アンソニー会計学入門
[PR]
by otn99 | 2004-06-08 09:48 | 必読書