<   2004年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

6/24:ヒマか?といわれそうですが…

a0025856_21321.jpgとりあえず、三冊並べてみました。
揃うとだいたいこんなイメージでしょうか。中々かっこいいと思うんですが…
[PR]
by otn99 | 2004-06-25 02:11 | 雑文

6/24:ブック1st

昨日、営業での外出ついでに新阪急に新しくできたブック1stにいってみました。
これまで1階部分までしか店舗スペースがなかったのが、3階まで増床して、かなりの本が揃うようになった様子。実際、御堂筋を隔てて正面には旭屋書店があり、書籍の数、その分類、棚の配置など、ブック1stを遥かにしのぐ完成度の高さだったのですが、今回のリニューアルでブック1stも少しはまともな本屋になったように思う。(今まで本屋としては腹立つくらい、本好きな店員は居らんのか!っていう感じでしたので)

そこで、珍しい本を発見。(少なくとも自身は知らなかった)
アーカーの著書で、「戦略市場経営」というもの。ブランド系の本ではなく純粋経営戦略本です。実はこれ、アマゾンでは著者名が入っていないので、いくら検索しても引っかからなかったんです。まだ中身を読んでないので、何とも言えませんが、書評によるとポーターの戦略論を発展させたような内容だそうです。ただ、結構いい値段してるので、購入するのにちょっと躊躇してしまいました。
まあ、あそこなら誰も買わんだろうということで、しばらく様子を見てから購入しようかと。

それともうひとつ気がついたことがあります。『競争の戦略』『競争優位の戦略』『戦略市場経営』の3冊の本はともにダイヤモンド社の出版のものなのですが、装丁がすべて同じデザインになっています。これ、僕にとっては非常に重要な要素で、多分そのうち全部コレクションしてしまいそうな予感が…。本の装丁って非常に重要ですね。(というか、装丁や本文の文字組がきっちりとデザインされていない本は、いくら中身が良くても絶対買いたくなくなります。特に高い本は)

そんなことありませんか? 全部そろえると結構かっこいいんですよ。
[PR]
by otn99 | 2004-06-24 16:54 | 雑文

シンプルマーケティング

a0025856_151353.jpg結構前の本ですが、著者は学者ではなく現役マーケティングコンサルタント。
本書はシンプルマーケティング、と題されていますが、マーケティング半分、ブランド半分と言った構成になっています。学術的(または体系的)にまとめられた本ではなく、マネジメントや戦略について「論」ずるのを目的としたいわゆる専門書ではありません。
が、全体を通して、あるマーケターの経験を通した「視点」、というものがにじみ出ていますので、現役マーケターの人も、これからマーケターを目指す人も、あるひとつの方法論として大変参考になるのではないでしょうか。


アマゾン:シンプルマーケティング—市場の原点を見極める15の法則
[PR]
by otn99 | 2004-06-17 15:15 | 必読書

気は心

去年か一昨年か忘れましたが、定年し、アルバイト生活を始めた父に少しだけ高級な鞄を贈りました。本当は自分が気に入って欲しかったものでしたが、いらなくなったときに譲ってもらうつもりです。今年は、何もプレゼントする予定はありません。

父の日に贈るメッセージは?
[PR]
by otn99 | 2004-06-17 00:16 | 雑文

MBAなのに簿記?

a0025856_02053.jpgMBAなのに簿記? と思われている方も多いかと思います。

通常は、財務分析、管理会計などがビジネススクールでは普通なんでしょうが、うちのコースのすばらしいところは、経営に関わる基礎的な部分をあえておさらいする(たとえそれが要素であっても)、というところにあります。
マーケティングもブランドも戦略も時系列で一回おさらいすることの重要性を身にしみて感じています。特にポーターの戦略論などは、世にある解説書同様、微妙に読み違いをしていたので、内心、ほっとしています。学校で学ぶ、という機会でもない限りはこれらのテーマにじっくり取り組む姿勢など永久にこなかったのではと思う今日この頃です。

惜しむらくは、クリティカルシンキングのトレーニングを最初の一ヶ月でもいいのでやってほしかったな、と。そうすることで、BS全体の基本的な思考プロセスの共通認識ができたのではと思います。

これから、MBAを目指そうという人は、語学や基礎的な知識も必要ですが、まずはゼロベース思考というやつを訓練してみてはいかがでしょう。ゼロベース思考とはちょっと違いますが、論理的思考を実践するための参考図書
 アマゾン:考える技術・書く技術—問題解決力を伸ばすピラミッド原則を紹介しておきます。
[PR]
by otn99 | 2004-06-17 00:05 | 必読書

6/16:会計

自分にとって最も難関の会計。今日は先週に引き続き、会計処理の演習(といっても演習なので、実際はもっと大変なんだろう)を。

決算処理って実に面倒くさい。経理の女の子はえらい!

ところで、勘定科目について、決算処理、締め、を行うにあたって勘定科目をBSまたはPLに割り振る作業が必要になると思うんですが、これって、法則とかコツとかあるんでしょうか?覚えりゃあいいんでしょうが、暗記が嫌いな自身としては、できれば、法則みたいなのがあった方が、助かりますし、そもそも仕分け自体を間違ってしまうほどどうしようもない状態。

良きアドバイスを!
[PR]
by otn99 | 2004-06-16 01:42 | アカウンティング

幻想としての経済

ついでにこちらも。栗本慎一郎氏の著書です。
最近、あまりお目にかかりませんが、これも良著です。

アマゾン:幻想としての経済
[PR]
by otn99 | 2004-06-15 11:30 | 必読書

象徴交換と死

ついでにこちらも紹介しておきます。
価値と消費について…ポストモダンマーケティング?

アマゾン:象徴交換と死
[PR]
by otn99 | 2004-06-15 11:25 | 必読書

現代思想を読む事典

a0025856_11123.jpgちょっと毛色は異なりますが、最近使用する機会が多いので、ご紹介しておきます。
ちょうど大学に入学した頃に出版されたものですが、当時は本書に解説されているような難しいタームがはやっていました。僕の場合、大学では主に芸術(美術、文学、音楽)批評の研究をするのに重宝しました(とにかくこの辺の用語が頻出していましたので)。この本には用語以外に人名事典もついていますので、重要人物を追っかけることで、現代思想の流れをおおざっぱに理解するのにも役立ちます。
改めて読み返してみると、何が書いてあるのかさっぱり判りませんが、当時は何となく判っていたような…フランス語、ドイツ語のタームが多いので、英語中心のMBAの用語に比べるとすごい新鮮な感じがします。
ブランドに興味がある人は持っておくと便利かもしれません。(ちなみに僕の受けている講義では、本書に取り上げられているような人物や用語が出てくることは、ないわけではありませんが、稀です)

アマゾン:現代思想を読む事典
[PR]
by otn99 | 2004-06-15 11:13 | 必読書

6/14:早く言ってよ…

今日は、授業もない日なので、夕方から友人と軽くビールでお茶。(?)

まだ明るいうちから、いっぱいやるのはロンドンっぽくってすごく気分がいいものです。
月曜日は授業がないといっても、ワークショップとかあったりするので、数杯やった後、とりあえず顔を出してみた。

すると入り口に不思議な張り紙が!?
「本日、講師都合により中止」(*文面は変わってます。)

ちょっとぉ!! そんなに期待はしてなかったけど、もうちょっと早くに言ってほしかった。
ホームページでちゃんと確認してから行ったのに…

僕の通っている学校はこういうところがすごくユルいくせに、消費者インサイトとか言ったりしてるし…神経疑います…
経営教えるんだったら、もうちょっと学校経営ちゃんとやって下さい。
[PR]
by otn99 | 2004-06-14 22:12 | 雑文